Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hutamama.blog3.fc2.com/tb.php/115-208be8f6

トラックバック

コメント

[C463]

こんばんは。

ステンドグラス、全面ではなく上部だけで、
シンプルなデザインですね。
大きな窓から、たくさんの光が差し込んできていて、
光の入り方まで、あたたかみが増しているような気がします。
ゆるゆるのガラス。よく分かります。
薄いガラスで窓枠に合ってなくて(*^-^)ニコ
いいですね~。

階段の造形、何だか、触りたくなる形してますね。
これ、来た人は必ず触りますよね(笑)
大理石の柱とアーチもため息が出るほど美しいです。
大正の時代には、一部の人しか入れなかった建物をこうやって
見せていただいて、本当に良かったです(^^)

画像もいつもながら素敵すぎます。
本みたいです(^ー^)ノ☆*.。

[C464] そな☆☆さまへ

おはようございます♪
いつもコメントありがとうございます(^^)

このステンドグラスは月桂樹の葉をデフォルメしたデザインだそうです。
シンプルでお洒落ですよね~♪
このステンドグラスも透明なガラスも当時のもので古いガラス特有の波立つ
ようなゆらゆら感があります。
今のガラス窓は窓の向こう側もすっきり見えますが昔のガラス窓だと
揺らいで見えるんですね~
材料とか作り方の違いなのでしょうか…
でもそのゆらゆらしてるところが古いガラスもの好きにとっては堪らない
魅力です(^^)

そうなんですよ~ そっと触ってみたくなるような、そんな感じ…
きっと皆さん触っちゃうでしょうねっ(^^)
柱もアーチも本当に雰囲気があって素敵なんですよ♪
ボランティアガイドさんに説明していただくともっと文翔館の詳しいことが
わかりそう…
次回はぜひガイドさんに案内していただきたいと思っています。

お褒めいただきありがとうございます(^^)
今回は少し明るめに加工してみました。
きっと被写体がいいのでしょうね~

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

山形探訪 ~文翔館~ お気に入りの場所

山形県山形市の中心部にあり、国の重要文化財「旧山形県庁舎及び県会議事堂」
正式名称は「山形県郷土館」 文翔館は愛称です。

改めて訪れてみていろいろな発見があり魅了されました。
最後に一番お気に入りの場所をご紹介します。


文翔館 中央階段室


玄関を入ると立派な大理石の柱に漆喰のアーチ…
そこを通り抜けるとこの中央階段が目の前に現れます。
磨きこまれた手すりにそっと手をのせて木の感触を楽しみながら階段を上っていくと


文翔館 中央階段室 ステンドグラスをかえりみて


当時のステンドグラス、ゆらゆらのガラスがはめ込まれた窓…
そこから覗く隣棟の赤茶色の煉瓦の建物。
窓に近づいて下を見ると石畳が敷き詰められた中庭。


文翔館 中央階段室 手すり


素敵な造形の手すり…


文翔館 中央階段室 上がりきって


2階まで上るとまた大理石の柱とアーチがあります。

文翔館を訪れてこの階段を上ると大正の時代に迷い込んでしまったような錯覚に
陥ります。
文翔館で一番お気に入りの場所…


文翔館 中央階段室 ステンドグラス


この景色が好きです。


第4弾までお付き合いありがとうございました。






ブログ村に参加しています。

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます。 更新の励みになっています。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hutamama.blog3.fc2.com/tb.php/115-208be8f6

トラックバック

コメント

[C463]

こんばんは。

ステンドグラス、全面ではなく上部だけで、
シンプルなデザインですね。
大きな窓から、たくさんの光が差し込んできていて、
光の入り方まで、あたたかみが増しているような気がします。
ゆるゆるのガラス。よく分かります。
薄いガラスで窓枠に合ってなくて(*^-^)ニコ
いいですね~。

階段の造形、何だか、触りたくなる形してますね。
これ、来た人は必ず触りますよね(笑)
大理石の柱とアーチもため息が出るほど美しいです。
大正の時代には、一部の人しか入れなかった建物をこうやって
見せていただいて、本当に良かったです(^^)

画像もいつもながら素敵すぎます。
本みたいです(^ー^)ノ☆*.。

[C464] そな☆☆さまへ

おはようございます♪
いつもコメントありがとうございます(^^)

このステンドグラスは月桂樹の葉をデフォルメしたデザインだそうです。
シンプルでお洒落ですよね~♪
このステンドグラスも透明なガラスも当時のもので古いガラス特有の波立つ
ようなゆらゆら感があります。
今のガラス窓は窓の向こう側もすっきり見えますが昔のガラス窓だと
揺らいで見えるんですね~
材料とか作り方の違いなのでしょうか…
でもそのゆらゆらしてるところが古いガラスもの好きにとっては堪らない
魅力です(^^)

そうなんですよ~ そっと触ってみたくなるような、そんな感じ…
きっと皆さん触っちゃうでしょうねっ(^^)
柱もアーチも本当に雰囲気があって素敵なんですよ♪
ボランティアガイドさんに説明していただくともっと文翔館の詳しいことが
わかりそう…
次回はぜひガイドさんに案内していただきたいと思っています。

お褒めいただきありがとうございます(^^)
今回は少し明るめに加工してみました。
きっと被写体がいいのでしょうね~

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

blue-glass

Author:blue-glass
山形の片田舎で暮らす主婦。
お気楽で忘れっぽい性格ゆえ、ものとの出合いはいろいろあれど片っ端から忘れていく…それではあまりに可哀そうと書きとめておくことにしました。お目に留まれば幸せです♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。